ボディピアスで服装にワンランク上のアクセント小物を

個性的な印象

wallet

鼻ピアスの種類と呼び方

耳たぶや耳の軟骨のピアスは、今では多くの人が開けています。 人とは少し違うおしゃれをしたい場合は、鼻ピアスを開ける人が増えてきています。 鼻ピアスは、開ける箇所により印象が異なります。 最もポピュラーなのは、“ノリストル”と呼ばれる鼻翼に開けるピアスです。 インドやネパールなどの南アジアでは、この部分にピアスを付けた女性が大勢います。 少しエキゾチックな印象で、ファッションにスパイスを与えるため パンクロックやヘビメタなどの音楽好きの間でも広く愛されています。 鼻ピアスの中では比較的ケアもしやすく、初心者にもお勧めです。 有名タレントが付けたことで話題になった、“セプタム”も注目を集めています。 これは鼻橋部分につけるピアスのことで、主にリングタイプを使います。 かなり個性的なため、より個性を追求したいる方には最適でしょう。

開け方と開けた後について

どこに開けるか決めたら、次はどのような方法で開けるかを考えましょう。 鼻は耳たぶよりもだいぶ固く、市販のピアッサーでは開けづらい場合があります。 ニードルを使用し鼻腔内に詰め物をして、力を入れて開けると良いでしょう。 しかし、慣れないとニードルを真っ直ぐ通すのはとても難しい作業です。 自信がない場合は、医療機関や専門のピアススタジオなどを利用すると良いでしょう。 特に医療機関では麻酔を使うことも多く、あまり痛みを感じずに開けることができます。 ピアスの穴は傷口と同じですので、開けた後は消毒を欠かさないようにしましょう。 鼻ピアスの穴が完全に出来上がるまでは、6〜12カ月かかると言われています。 その間は朝晩欠かさずケアして、快適な鼻ピアスライフを楽しみましょう。